日記(悪性リンパ腫 闘病記)

「悪性リンパ腫」での闘病記録です。同じ病気、また他の癌と戦っている/戦った人に何か役に立てるかと思い、書き留めます。

喉と咳

2021/3/8  4コース目(6日目)

昨日で4コース目の抗がん剤投与は終了。後15日は休薬日。

次回5コース目は3/24からです。

 

喉と咳

ネブライザー以降、喉の“痛み”は無くなりましたが、いがらっぽい感じは残り、咳が連続で出るようになりました。免疫低下しているので、肺炎には気をつけなければいけない。もう少し様子を見ます。

 

プレドニン

昨日で投与終わりましたが、何だか体全体が“重い”です。今朝もいつもの時間には起きられず。

 

味覚

抗がん剤投与以降、味覚は前にも増してはっきりしなくなりましたが、今朝かみさんが作ってくれた「ブリの照り焼き」は魚自体の味も良く分かって美味でした。

何が良くて何がダメなのか、どうもハッキリとしません。食べてみないと分からない。

 

花粉症

外にはあまり出ませんが、花粉症の薬はずっと飲んでます。それでなくとも抗がん剤で唾液が少ない状態ですが、さらに少なくなってる感じ。

はたらく細胞!!」の最新話はこの話でした。

f:id:Grayhair_66:20210308131610j:image
f:id:Grayhair_66:20210308131613j:image
f:id:Grayhair_66:20210308131618j:image

続きは明日また。

 

アップします。

プレドニン最終日、体温と血圧

2021/3/7  4コース目(5日目)

R-CHOP療法の最終日。プレドニン投与も終わり、ほっとします。後の16日間は休薬日。

以前も書きました。抗がん剤の効果は右肩下がりになりますが、体の中で活動してます。正常細胞にも影響を与えるため、その面でも休薬日は必要になります。

 

体温と血圧

入院時は日に4回測っていましたが、このところサボりもあって朝と寝る前のみ。3/3の抗がん剤投与後、プレドニン期間も関係しているのか体温も血圧も上がってます。今日でプレドニンは終わりなので、明日以降どうなるのか?

 

喉の痛み

焼けるような痛みはもうありませんが、いがらっぽい感じで咳も出ます。咳が続くようなら診てもらわないといけないかも。

 

東京都の新規感染者数は、なかなか100人以下といった数値にはなりませんね。

 

今日も散歩はなし。

アップします。

 

プレドニンと喉の痛み、股関節

2021/3/6  4コース目(4日目)

プレドニン

R-CHOP療法のP(プレドニン)だけは、初日に点滴、残り4日間を錠剤で飲みます。朝14錠、昼6錠。

プレドニン」はステロイドで、リンパ球を傷害する効果があることから、抗腫瘍薬として他の抗がん剤とともに使われます。

ただ、プレドニン投与期間は何となく頭が重いですね。「ステロイド」と聞くだけで副作用がたくさんある気がしてイヤです。

 

喉の痛み

昨日のネブライザーから喉の痛みが。咳も少し出てます。肺炎の防止のためにやった後、咳が出るのはどうなんでしょう。喉の痛みは昨日よりは収まりましたので、徐々に治るとは思います。

 

PET画像での骨

昨日のPET/CT画像で、足の骨に腫瘍らしきものが前回も今回も確認出来てます。少し多く歩くと右の股関節の辺りが痛くなることがありましたが、かみさんが「そのせいじゃないの?」と。画像をよく確認すると確かにその辺り。

気になってきました。骨のガン(リンパからの転移だと思いますが)は希少ガンのようですが、生活に支障が出る可能性がありますし、母親が大腿骨骨頭壊死で人工骨頭にしていた苦労を知ってるので。

PETを常にやるはずがないので、CTやMRIで確認していけるのか?次回確認します。

 

今日は散歩なし。

アップします。

PET画像比較(12/21と2/25)、ジーラスタとネブライザー

2021/3/5  4コース目(3日目)

予約票に「採血」と印字されていたので早めに病院に来ましたが、ミスで採血は要らないと。診察前にネブライザー済ませて良いとのこと。

 

9:40  中央診療室にてネブライザー開始。

10:25  終了。ジーラスタは診察後とのことで、血液内科待合室へ。10人待ち。何だか、ネブライザーやったせいか頭がボンヤリしてる。

10:50  アプリで待ち状態を確認出来ますが、5番目のはずがすぐ呼ばれて木田先生の診察。詳細は下記。

11:05  中央診療室に戻り、ジーラスタ投与。

11:15  会計して終了。

 

PET/CTの結果と画像比較

総合結果としては、良好。抗がん剤の効きは良い。

•リンパ節の腫瘍は減退し、広がりもない。

•回腸に確認出来た腫瘍は無くなっている。

•ガンの進行は抑えられている。

ただ、足の骨に腫瘍らしきものが前回と今回も確認出来るが大きさには変化がない。要観察。

 

PET/CT画像比較(12/21と2/25)、4枚づつ左が今回、右が前回

f:id:Grayhair_66:20210305130334j:image

名前も生年月日も出てます、、、

前回は胸、首や横隔膜の下辺り、腫瘍が凄かった。木田先生に「華々しい」と言われた画像です(-_-) こんなに腫瘍があっても自覚症状はなかったですから、恐ろしい。ですが、今回無くなってます。

右足の付け根に黒いものが前回も今回もあります。これが要観察、気になりますね。

頭はブドウ糖を必要とするので黒く映ります。また、尿に絡む臓器、特に膀胱も黒く映るので、これらはPETでは確認できません。

 

ジーラスタ

抗がん剤の副作用による好中球減少を補うための薬剤で皮下注射です。

1コース目の1月4日には好中球数の数字が21まで減りました。これはGrade4(生命を脅かす;緊急処置を要する)に相当。基準値は2000〜7500/μL。手を打たなければ生命に影響するということです。

 

ネブライザー

ネブライザー」は吸入器の名前です。吸入した薬は最初に気道を広げるもの、次が本番で「ベナンバックス」という薬。これは、抗がん剤投与の免疫低下で引き起こされる可能性がある「ニューモシスチス肺炎(PCP:pneumocystis pneumonia)」の防止。

正常な免疫能力がある場合は、まず感染することのないものですが、ステロイド剤、免疫抑制剤長期使用、生物学的薬剤投与、などでの免疫力低下時に発生する日和見感染症(✳︎)です。

 

ネブライザーは今日で3回目ですが、凄く喉が痛い。花粉症と関係あるかも(粘膜をやられてるからとか)。喉の上辺りが焼けてるような感じです。

 

ネブライザー

f:id:Grayhair_66:20210305132354j:image

 

(✳︎)日和見感染症

日和見感染症とは、宿主の感染に対する防御能が何らかの原因によって低下した時に、通常ではほとんど病気をおこさないような病原体(弱毒微生物、被病原微生物、平素無害菌などと呼ばれる)によって引き起こされる感染症のこと。

 

コロナワクチン

高齢者ですから、4月に優先で打てるはず。打っていいのか?木田先生に聞いたところ、「リツキシマブやってるので、打ってもいいけど効きは悪いと思う」「治療が終わってからの方がいいわよ」と。

そうしようかと思います。ただ、こちらで打つタイミングを決められるのか、分かりませんね。

 

アップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味覚とLDH

2021/3/4  4コース目(2日目)

昨日は雛祭りでしたね。抗がん剤投与で、すっかり忘れてました。

 

最初に入院し、1コース目を開始したのは昨年12/24クリスマスイブの日。何故か、そういった日にぶつかってます。当時は、6コース終了まで遥か先と思ってましたが、半分終わりました。

 

R-CHOP療法

改めて。アルファベットは薬剤の名前です。抗がん剤投与および休薬日を含めて1コースは21日間。

R(リツキシマブ)

C(エンドキサン)

H(ドキソルビシン)

O(オンコビン

P(プレドニン

患者の状態や医院によって、薬剤の種類は異なるとおもいます。

RCHOPを初日に静脈から点滴投与、Pのみ残り4日間、錠剤で飲みます。朝14錠、昼6錠です。残り16日は休薬期間。この間も抗がん剤は活動してます。

f:id:Grayhair_66:20210304113702j:image

 

半分(3コース)終わってのPET検査によって、必要なら薬を変える、放射線治療を行うはずですが、何も変わらずに4コース目の投与も行いましたので、経過に問題はなかったのだと思います。正式には明日の通院時に説明を受けます。

f:id:Grayhair_66:20210304113949j:image

 

頭の重さ

今日は少し頭が重い。熱がある訳でもなく、痛いわけでもないですが、何だか重い感じ。

 

味覚

昨日抗がん剤投与したばかりですが、毎日飲んでいる「リンゴジュース」の酸っぱみを投与前よりも感じません。味覚障害については、昨日の診療でも先生から「治療終わっても、まだ続く。あまり続くようなら検査を含めて考えましょう」と。

 

LDH

LDH(乳酸脱水素酵素)の数値は、特に血液のガンでは腫瘍マーカーとして有効です。昨日の血液検査では190(基準値;124/222 U/L)、基準に初めて収まりました。入院時(2020/12/22)は1990でしたから、腫瘍の減少は数字上効果ありです。

 

明日はジーラスタ投与とネブライザー(吸入)のため、通院です。

 

アップします。

抗がん剤投与とPET結果

2021/3/3  4コース目(初日)

8:45  病院着。採血室にて採血と採尿。

9:00  血液内科にて体温、血圧、脈拍、体重 測定。 採血結果が出るのに時間がかかるので待ち。

11:00 ようやく診察。主治医の佐藤先生はまだ他病院に移動していないが、今日は木田先生が代理。採血データは問題なし。

吸入(ネブライザー)は、ジーラスタ投与日にしてもらいました。抗がん剤投与を含めると、前回のように薬局が閉まるギリギリになるため。

5日にジーラスタとネブライザー。5コース目の抗がん剤投与は26日。

11:20  中央診察室にて、点滴の針を木田先生がセット。一瞬、手にすごい痺れ。初の経験。

11:30  化学診療センターへ。受付してからトイレを済ませて、コンビニでおにぎりとヨーグルト購入。

11:35. 前もってもらっている薬(カロナール)を飲む。

12:00  薬の効きを待って投与開始。

 

投与順序:ポララミン+プレドニン(5分)→リツキシマブ(約3時間)→グラニセトロン(10分)→オンコビン(5分弱)→ドキソルビシン(5分)→エンドキサン(30分)→最後は生理食塩水(5分)

 

16:45 ようやく終了。前回と同じで他の患者さんは誰もいない。処方箋を診察時にもらっていなかったので、血液内科の受付で受け取り、会計。

17:20  薬局で薬を受け取り、終了。

 

毎回ですが、疲れます。ただ、ネブライザーを明後日にしたので、その分短く終わりました。

 

帰りに、迎えに来てくれたかみさんとラーメン食べて帰宅。かみさんが「歩くの早いじゃない」と。投与日は大丈夫なんですよね。

 

PET検査

診察時に説明なし。自分も聞かずに、後で「あら、聞かなかった」と思い出し、抗がん剤投与時に看護師さん経由で木田先生に連絡取ってもらいました。結果、5日のジーラスタ+ネブライザー時に説明を受けることになりました。まあ、何も言われないので、新たな病巣や薬の効き目に問題がある、といったことはなかったんだと思います。

 

アップします。

 

 

3コース目最終日、明日は抗がん剤投与

2021/3/2  3コース目(21日目:最終日)

今日は変な夢を見て、朝はゆっくりと起きました。

明日の4コース目開始での抗がん剤投与と、PETの結果に不安があるのかも。

 

蓄積の不安

3コース目は、抗がん剤の蓄積のためか、途中4日間くらい、倦怠感で体調の悪い日が続きました。先生の言葉「蓄積でだんだん辛くなるよ」が、頭に残ってますので、明日以降、またイヤ〜な感じ。

 

PETの結果

果たしてどうか?昨年12月21日での検査から3コースやった差はどうか?固形ガンと違って、局所を確認すればいいわけではないので、全身に対してPET画像の確認しかありませんが、苦手な部分もあります。まあ、楽しみでもあり不安でもあり。

 

花粉症

昨日の散歩で花粉をそれなりに浴びた感じですね。目が痒い。感染を防ぐため、直接触らないようにしているので、余計痒い。

 

今日は風が強く、雨もまた降ってきそうなので散歩なし。

 

アップします。